新年の抱負

2019年の目標は持たない〜ただ書きまくるエンジニアになる

投稿日:

 あけましておめでとうございます。

 でも、今年は「新年を祝う」という気分にはなれません。目標も立てない。

 せっかく、11月に「ブログを再開します」と宣言できたのに、勝谷は死んでしまいました。夏からは勝谷以外に何があったのか覚えていない。

 11月末から大晦日までは、「最後まで寄り添った盟友が明かす『辛口コラムニスト』の生き様」として、JBpressに以下の3本を書きました。

 この他、インタビューを受ける形で週刊SPA!、週刊プレイボーイ、女性セブンなど、今思えば同じことをずっと書いたり話したりしていたような。

 本来の業務としては、2019年の統一地方選挙や参院選に向けての候補者の準備や、7月にオープンしたオフィススタジオのブラッシュアップなど、もちろんこちらも手を抜かずにやりましたよ。

 そして一番は、8月21日の勝谷入院翌朝から続けた『勝谷誠彦の××な日々。』の代筆。これは多くのゲストの力を借りて、大晦日までやりきりました。2007年の元旦から12年間(メールには11年間と書いてしまったけど^^;)一日も欠かさずにメルマガ(勝谷的には「有料配信メール」)を配信しました。

 2018年初頭に立てた目標はなんだっけ?と見てみたら、なんとそこには「2017年初頭に立てた目標は、兵庫県知事選挙ですべて吹っ飛んでしまった」と書かれていた。結局、2年続けて勝谷のせいで年頭の展望も目標も無くなってしまったのです。なので、今年はさすがに目標を立てる気にならない。

 とはいえ、今年は選挙イヤーでもあるし、2月に勝負があるので、ボーッとしてられない。

 そして、今年必ずやらなければならないこと。

 それは、『勝谷誠彦の××な日々。』の継続。

 最初、「これは勝谷のメルマガなんだから、みんな離れていくだろう」と思ったところ、日々寄せられる「ヨロンでいいから(私は勝谷から「ヨロンさん」と呼ばれていた)続けて欲しい」といった要望や、鬱や選挙後のヘタレな時期でも離れなかった「勝谷丸」の乗組員や乗客と、このまま別れてしまうのは惜しいという思い。そして、まだ続く勝谷に関わる残作業や、今後現れないであろうこの変人をそのまま失くしてしまうのは惜しい、という気持ちが継続を決意させました。

 「継続」と言っても簡単なものではありません。「365日毎朝10時までに送る」という、どこか気が触れていないとできないであろうルーチンワーク。5,000字というのは、そもそも読みきれない分量のために解約する読者がたくさんいたので、2,000〜3,000字ぐらいが適当だとしても、それでも365日毎朝出し続ける「個人」がいるのだろうか。

 そして、一番の懸念。そもそもこのメルマガの読者は、勝谷の文章を読みたくて有料なのに契約した人たち。その濃〜い読者が「やっぱり勝谷じゃないからや〜めた」と離れていってしまうのではないか、という恐怖。それと毎朝闘っていけるのかどうか。

 でも、決めたからには、せめて一周忌までは頑張ろうと思う。それも、楽しんで。

 いずれ、勝谷ネタも尽きるでしょう。そのときに、新しいメディアとなっているように、今まで無かった試みをやっていこうと思います。フェードアウトして終わってしまうものではなく、発展していかれるものを。モノマネをしても意味ないし、そもそもできない。

 ただ、まるっきり新しいものにしてしまうのは、何か違う。やはり勝谷の「匂い」は残しつつ、常に触れられるものにしなければならない。これは難しいだろうなあ。

 試行錯誤しながら、いろんな人の力を借りて続けていきます。

 これだけでもいっぱいいっぱいになりそうだけど、春まではWEBRONZA(朝日新聞)に毎月記事を載せることになったし、他にも積極的に書いていきたい。しかし、「選挙のプロ」というわけではないし、プロのライターというわけでもないので、自分でしかできないこと。まずは、エンジニア的なテイストを出していこうと思います。それによって、単に思想信条論になりがちな選挙・政治の記事からは離れることもできるし。論理的思考を目指しながら、わかりやすく事象を読み解く。

 自分にとっては、なかなか難易度の高いものになるけど、やらなければならないんだから腹を決めてやるべし。当然、会社の業務はスタジオも含めて今まで以上に力を入れていく。

 天国だか地獄だかわからないけど、見守っていてくれよ。

-新年の抱負

Copyright© 翁の嗜み(おきなのたしなみ) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.