政治・行政 選挙

従軍慰安婦問題の日韓合意から選挙戦略を考えると、B層対策に行きつく

投稿日:2016年1月8日 更新日:


従軍慰安婦問題をめぐる日韓合意は、ネトウヨが発狂し、左派(左巻きとかサヨクということばは使わない)や「リベラル」と呼ばれる「安倍大っ嫌い」な人たちはほくそ笑んだわけだけど、そもそもなんで安倍さんは今まで「従軍慰安婦は朝日新聞のデッチアゲだ」といった主張をしていたのに、あっさり認めて謝罪して合意に持って行こうとしたんだろう。

それにしても、なんでネトウヨベースの安倍さんは、非難されることがわかっていながらあっさりと従軍慰安婦被害者と言われる人たちに謝罪し、10億円も献上して(今の政府にとってははした金だけど)「合意」にこだわったのか。

いろいろ分析が出ているんだろうけど、今年の選挙に絡めた「妄想」を書き留めておく。

昨年11月23日に選挙ドットコムに書いた「【選挙の目】大阪ダブル選と参院選はリアル与党(橋下維新、安倍自民)と妄想野党の対決」で使った図に似たものを作ってみると

まず、現在の国民の政治的スタンスと支持政党の図1(あくまでも雰囲気)

政治的スタンスと意識の高さ

図1:政治的スタンスと支持政党

自民党は極右から中間ぐらいまで広い範囲で支持されている。

で、これをどのようにしようかというと次の図2(これも雰囲気)

政治的スタンスと支持政党

図2:政治的スタンスと支持政党

つまり、2016年の参院選に向けてどこを狙うかというと、いわゆる「無党派」はその時の風で動くのでとりあえず放っておいて、「リベラル」層を狙うことになる。

図2を人数(投票者数のボリューム)で書きなおしてみたのがこれ。

政治的スタンスと投票者数

図3:政治的スタンスと投票者数

政治的に偏っている層はマイノリティで、中間や無関心層が最も多くなる。
イメージとしてはこんな感じでしょうね。

実際、従軍慰安婦問題が「日韓合意」まで行けば、マスコミはタイトルに「日韓合意」と出しまくるので、今まで「安倍はネトウヨだから韓国が嫌いだ」と思い込んでいた人の意識を変えることができる。これを10億で買えるなら安いもんだ(最初は1億で買おうと思っていたようだけど)。

そうなると、当然ネトウヨはズッコケて政府批判を始める。しかし、絶対に民主党には投票しない。選挙になれば消去法で「民主党が勝つくらいだったら今回は自民党で良いや」となるから。だから、ここの層には批判されても構わない。

問題はIQが低く政治的関心も低い層。ここでB層(Wikipediaによると「IQが低い主婦、若者、老人」)が出てくる。図3の真ん中辺りにいて、一番ボリュームが大きい。その中で、とりあえず選挙には行くけど「アベノミクスって言っても年金が増えるわけじゃないし、消費税は上がるし、実感無いなあ」と思っている「老人層」は、1票3万円で買おうということ。IQが高い主婦や、選挙に行く若者はマイノリティなので、とりあえず無視。
※追記:ここで「IQ」の話を書いたので、一部僕を批判する意見が出たようですが、これは僕が言っているのではなく、小泉内閣のときに「広告会社・有限会社スリードが、小泉政権の主な支持基盤として想定した概念」(Wikipediaより)なので、誤解無いようお願いします。説明がヘタですみません。

今年の選挙は、前提として参議院で3分の2取れるかどうか、ということなので、すべてそれが基準で作戦が立てられる。

そして、中間層の票がこれでも足りないと思ったときに、衆参ダブルと消費増税延期で圧勝まで持っていくことになるでしょう。

ただし、現時点で「衆参ダブルがあるかどうか」論じるのは意味が無い。だって、解散するかどうかは選挙の直前になって決めるわけだから、現時点で予想すると必ず50%になる。たぶん、安倍さんの頭の中でも50%でしょう。準備は進めるけど。現時点で「衆参ダブルはありますか?」などと聞く記者は、自分の頭で考えられない人なんでしょうね。もしくは、上から「聞け」と言われて何も返せない人。聞いてどうなるの?

今年の参院選は、それだけ安倍さんにとって正念場だ。ひとり3万円がバラマキだと言われることは百も承知。とにかく圧勝することが最優先なのだ。だからそこを指摘されると「そんなことわかってるわ!勝ちゃいいんだ」となるので、イライラして声が上ずる。

では、18歳選挙権はどうなのか。社会の関心はそこに行くけど、10代の投票率は上がってもせいぜい40%前後かな。20代の投票率は30%程度だろうから老人の半分。であれば、票を買うことを考えれば老人に金を払ったほうが効率が良い。政治的意識の高い若者は、わりと簡単に引き寄せることができるので、お金はかからない。

多少、極端な表現をしたけど、安倍さんのやり方はわかりやすいし、政策として良いか悪いかは別にして理にかなっている。共産党は左端から中央を狙っているので、これもわかりやすい。今回の選挙でも議席を伸ばすでしょう。

では、民主党はどうか?
これが見えないんだなあ。一体、どこを狙っているのか。そもそもターゲットを決めていないのか。アベ政治を批判していれば自然と票が転がり込むと考えているのか。

ここでもう一度上記の図を見ると・・・ありゃあ、民主党は何もしなければ消滅する。


-政治・行政, 選挙
-,

Copyright© 翁の嗜み(おきなのたしなみ) , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.