新年の抱負

2015年を振り返って

投稿日:2015年12月31日 更新日:


ブログは更新しなくても、1年の締めと新年の抱負だけは続けている。
というわけで、2015年を振り返ってみました。
こうやってみると、「新年の抱負」も良いけど、実は1年を振り返ることの方が大事ではないかと思えてくる。
特に、50も過ぎて記憶力も体力も衰えてくると、「ああ、これは今年だったか」とか「こんなこともあったんだな」と思い出して、「来年はもう少し良い年にしよう」となるのだ。

今年は、何と言っても仕事的には

  • 『ザ選挙』から『選挙ドットコムへ』(VoiceJapan社)
  • 勝谷のウツ発症と回復(世論社)

かな。他にも公私ともにいろいろあったけど、この二つは会社をどうするかという根本的なことまで考えたので、自分の中では非常に大きな出来事だった。

さて、来年はどうなるか。
ここのところ、周囲には「もう引退したい」と言っているけど、経理に相談したら「いつ年金が出ると思っているんですか。どうせ貯金も無いだろうし。あと10年働きなさい」と叱られてしまった。
ということで、働かないと。
しかし、この先10年も食っていかれるのかなあ。

1月
ほとんど打ち合わせばかりだった。
そんな中でもTOKYO MXテレビの「淳と隆の週刊リテラシー」に出してもらった(2回目。収録だけど)のが結構自分の中では大きかったかな。

TOKYO MX「週刊リテラシー」

TOKYO MX「週刊リテラシー」

あとは、株式会社ダイアログの松田君とオフィスをシェアし始めたこと。同業者でもないんだけど、優秀な選挙の専門家と一緒に仕事できるのがこんなに楽しいとは、と思えた。

2月
やはり統一地方選を睨んだ打ち合わせの毎日。新規プロジェクトとしては、亀井静香さんの『根っこの会』の準備が始まった。そういえば、これはどうしちゃったんだろう。
このあたりから「自分が『ザ選挙』を運営するのは、もう限界なんじゃないか」と思い始める。実際は「限界」というより、統一地方選のことを考えると憂鬱になっていただけ。

3月
世論社10年目。
統一地方選挙がスタート。『根っこの会』もスタート。慌ただしい毎日が続く。実は家でも大きく変わったことがあり、今考えると、よく乗り切ったなあ、と思える。

根っこの会

根っこの会

4月
ひたすら慌ただしい毎日。と言っても、国政絡みの動きもあれば、忙しい合間にスッとマラソンを入れてしまっていた。
『血気酒会』もあったが、このときから「勝谷がおかしい」と思い始める。

5月
勝谷がウツになる。世論社の存続を考えながら、『ザ選挙』の移譲を検討し始める。
走りやすい季節になり、湘南ランや17日には『柏崎潮風マラソン』(新潟)に出る。「潮風」とは名ばかりで、ほとんど山の中。

柏崎潮風マラソン

柏崎潮風マラソン

6月
なんとか統一地方選挙のデータ入力も先が見えてきて、『ザ選挙』移譲の話も進める。
勝谷のウツは一進一退。

7月
『ザ選挙』を『選挙ドットコム』に正式に移譲する。気持ちは晴れ晴れ。とにかく4年間赤字でも潰さずに来れたことだけで満足。あとは優秀な経営者に任せよう。
「黒島を忘れない」の増刷を引き受ける。不安はあったけど、「1,000冊なんかすぐに売れちゃいますよ」という話を信じて1,000冊刷る(後で後悔する)。

「黒島を忘れない」増刷

「黒島を忘れない」増刷

『やぶはらマラソン』(長野)に出る。毎回、いきなり苦しいので不思議だったが、やっとこれは高地の気圧によるものだとわかる。

やぶはら高原マラソン

やぶはら高原マラソン

8月
ランニング合宿。中旬にはランニングクラブSWACの日帰り合宿に参加したり、そこそこ走ったけどやはり夏は苦手。

勝谷の症状に回復の兆しが見え始める。
VoiceJapanの決算ということで、今後のことを考えドローンを購入。事業化の可能性を検討するために操縦の練習を始める。

ドローン

ドローン

勝谷誠彦と中川淳一郎の『ヘロヘロ対談』スタート。まずはテスト版。

8月に初めて行った「ヘロヘロ対談」

8月に初めて行った「ヘロヘロ対談」

9月
山形に一泊で行き選挙取材。やはり現地を見るのは楽しい。記事のPVも良かったようで嬉しかった。

山形市役所

山形市役所

23日に『南房総ロードレース千倉ハーフマラソン』(千葉)。高速バスで3時間。それでも電車乗り継ぎのほうが大変だという場所で、海を見ながら走るのかと思いきや、ほとんど何もないところを走る面白みのないマラソンだった。

南房総ロードレース千倉ハーフマラソン

南房総ロードレース千倉ハーフマラソン

武蔵大学の後期講義スタート。

10月
4日に『上田古戦場マラソン』(長野)。故郷で自己ベストを出すつもりだったけど、わずかに及ばず。

上田古戦場マラソン

上田古戦場マラソン

「上田古戦場マラソン」幼なじみの丸山誉之君と

「上田古戦場マラソン」幼なじみの丸山誉之君と

次の週に東京30K 。25キロでヘロヘロになってしまう。
20日から鹿児島へ。三島村役場を表敬訪問し、知覧特攻平和会館、霧島温泉そして川内原発と、かなり濃い旅行となった。

川内原発

川内原発

勝谷が急速に回復してきて、中川淳一郎さんとの『ヘロヘロ時事放談』を本格的にスタートさせる。

11月
上旬に今年最後のハーフマラソン。自己ベストは出せなかったけど、楽しかった。普通はこれからがシーズンになるようだけど、一番寒い時期にはほとんどレースにエントリーしないため、一応今年はこれで最後とする。
『ヘロヘロ時事放談』は軽井沢の勝谷邸で。ドローンと撮影機材を車に積んで東京からひとりで行く。実家があるから良いけど、何もなかったらひたすら疲れるために行くようなもの。

12月
頭に池田市長選挙を取材(大阪府)。選挙そのものは地味だったけど、小林一三さんとか安藤百福さんといった偉人の記念館を見られたことはとても大きな収穫だった。

池田駅前の飲み屋横丁

池田駅前の飲み屋横丁

大阪から帰京後、浜松でローランドOB会。2年振りに参加したら、やっぱり楽しかった。

天才エンジニア菊本さんと市村正親似の鎌田さん

天才エンジニア菊本さんと市村正親似の鎌田さん

『ヘロヘロ時事放談』忘年会では、機材がだいぶ故障してしまっていたので、買い替えながら撮影することに。

『ヘロヘロ時事放談』最新作

『ヘロヘロ時事放談』忘年会


-新年の抱負

Copyright© 翁の嗜み(おきなのたしなみ) , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.