ランニング 思うこと

皇居ランは何が良いのか?

投稿日:


たまたま蓮舫さんが初めて皇居ランを体験するというので、撮影のために立ち会うことになった。
もとから速いというのは知っていたけど、聞いてみると一日置きにルームランナーで40分間走っているらしい。
実際に走ってみると、一周をキロ4分20秒で走り切った。初めてでこれは速すぎ。一緒に走った大学生たちも楽しそうだった。

皇居はとにかくランナーが多い。休日の昼間だと歩くのが怖いこともある。ほとんどのランナーはマナーもしっかりしているけど、たまに逆走したり(一応反時計回りということになっている)、狭いところでもスピードを落とさないランナーもいる。

皇居は一周5キロ。たとえば千鳥ヶ淵からスタートすると、500mほど走って半蔵門を超えたあたりから桜田門近くまでゆるい下り坂になる。
そのまま平坦な道が続き、4キロほど行った毎日新聞本社入り口前あたりから、今度はゆるい上り坂になる。ちょうど苦しくなってくるころなので、ここでくじけることも多いが、なんとか登り切るとあとは短い下り坂でゴールとなる。

IMG_5782

わかりやすい距離、そこそこの坂、都内のど真ん中でも走りやすい環境などか愛好者が多い理由なんでしょうね。
信号が無いのも魅力。
確かに四季折々の植物も見られるし、高層ビルと皇居という素晴らしい景色の中で走ることができるのは、一種の贅沢かもしれない。

こんな夜景も見られる

こんな夜景も見られる

翻って自分はどうかというと、せいぜい月に1回か2回程度。

これじゃ上達しないわな(笑)。


-ランニング, 思うこと
-

Copyright© 翁の嗜み(おきなのたしなみ) , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.