出版

InDesignの原稿を電子書籍版EPUBにする方法(備忘録)

投稿日:2013年5月25日 更新日:


この前のエントリーにコメントをもらっていたのに、コメントをもらった時にお知らせが届かない仕組みになっていたので、つい返事が遅れてしまいました。
何か考えなくちゃなあ。

さて、一応このブログは「備忘録」ということにもなっているので、全く面白くないと思うけど、業務に使えるよう記録しておきます。

私は小さな会社を2つ経営していまして、その一つは「世論社」と言います。
以前から電子書籍(というか電子ペーパー)には興味があり、「いつかやったろう」と思っていました。

それが、昨年は「kobo」や「Kindle WhitePaper」の発売でインフラが急激に立ち上がり、KindlestoreやiBookstore などのプラットフォームも本格的に品揃えが充実してきたので、「そろそろかな」と思っていました。

そんな時、友人の谷本晴樹さんと前江戸川区議の上田令子さんから、同時に(本当に物理的にかち合った!)電子書籍化の話が出てきて、「こりゃ、いっちょやったるか」となったわけです。上田さんが書いた原稿を谷本さんが編集し、私が出版するという「黄金の」(言い過ぎか)トライアングルが完成しました。

その後、紙の書籍も出すことになり、一気に世論社は出版社へと進むことになります。

最初は電子書籍の方が簡単かと思っていたのですが、紙のほうがトントンと進み、「さあ、パパっと電子書籍フォーマットに出力して、パッとAmazonにアップしちゃいましょう」などとなったらあら大変。「縦書きにならない」「表紙は?」「目次がリンクされていない」「ページめくりが変」などなどいろんな不具合が生じ、「こりゃあ、最初から電子書籍用に作りなおさにゃアカンなあ」とまで思い始めました。

さてここからは技術的なお話。備忘録。

InDesign の印刷用縦書き原稿をそのままEPUB出力しても、そのままでは電子書籍になりません。ビックカメラで参考書を買って来て読むと、「電子書籍を作ろう」というコーナーがあり、目次のハイパーリンクもあれやこれやと設定すると自動で生成されるはずが、どうもうまくいかない。EPUBというのは、電子書籍用のファイル類がZip圧縮されただけでデータ構成は単純なので、解凍すれば中を見るのは簡単なんだけど、なかなかじっくり見ている時間が無い。

というわけで、使ったツールは「Sigil」でした。

これは素晴らしい。電子書籍だけだったら、これだけで作ることができます。でも現在のバージョンでは、日本語縦書きは横書きがそのまま縦に表示されるので、編集はしにくい(^^;
こんな感じ。
それでも読み込めればこっちのもん。

最初にに「ツール」の「メタデータエディター」で書籍情報を入れます。
ここで、「主語」が「英語」になっているので「日本語」に変えます。

次に、表紙を追加します。
これはあらかじめ表紙用の画像を用意しておけば、「ツール」の「表紙を追加」で簡単に追加可能。

目次は「ツール」の「目次を生成」もしくは「目次を編集」でOK。
その前にInDesign側で見出し設定などをやっておくと楽みたい。逆にそれが無いとSigli側でいちいち設定して行かなければならない。
さらに「HTMLの目次を生成」を行うと、目次ページも生成されます。
ただ、目次ページを生成しただけだと横書きになっているので、コードビューでCSSのテンプレートを指定してあげます。

スタイルシートもSigilで編集できます。

body {
writing-mode : vertical-rl;
-webkit-writing-mode : vertical-rl;
}

これは必須。
つまり、「vertical-rl」というのが縦書きの右ー左改行を表しているわけです。ちなみに横書きは「horizontal」。さらに「line-height」を調節します。とりあえずそのくらいでいいかな。

文字化けする場合は「Fonts」でフォントを設定してあげる。

その他、「Audio」とか「Video」とかもあるけど、今回はパス。

次に「content.opf」。
これは「spine」指定のところに「page-progression-direction=”rtl”」を加えてあげます。
「spine page-progression-direction=”rtl” toc=”ncx”」となります。

ここまでできたらファイルを保存して、Google Chromeのエクステンションである「Readium」に読み込んでちゃんと表示されるかどうか確認します。

 

ここで表示されていればOK!
お疲れ様でした。

参考サイト
Sigilでepubを作ろう(4) 縦書きとか右から左とか

電子書籍作成ソフトSigilを使用して縦書きで見栄えの良い本を作成する方法

縦書きを試す

ID CS5.5:スタイルのタグへのマッピング(Adobe)

EPUB3.0対応(Adobe)

簡単にePubに圧縮(Mac)


-出版

Copyright© 翁の嗜み(おきなのたしなみ) , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.